「俳句PAD」のインストールは、PCの通常のアプリケーションのインストールとは全く異なります。「インストールシールド」などという気の利いたものは一切無く、総てをマニュアルで、しかも部分的にはコマンドプロンプトを叩いて実行する必要があります。以下にその手順の概略を解説します。なお、ここでは64KBのデータパックにインストールする方法を示します。
  1. 必要機材等
    1. PSION OrganiserII model XP本体
    2. 64KBデータパック
    3. ホストPCとのリンクケーブル
    4. 64KBデータパック用プログラム(HAIKUPAD.OPK)
    5. 「動作環境」で説明した開発ツールキット
    6. EP ROMイレーサ
    7. ACアダプタ

  2. 作業手順
    1. EP ROMイレーサで64KBのデータパックをフォーマットする
      1. 概ね30分程度の照射を行えば初期化できる

    2. ホストPCに開発ツールキットをインストールする
      1. 適当なフォルダ(例:C:\ORGDEV\)を作成し、開発ツールキット「DEVPACK.ZIP」を展開する

    3. 上記フォルダに俳句パッドのプログラムイメージ「HAIKUPAD.OPK」をコピーする
    4. ホストPCのシリアルポートとOrganiserII XPをリンクケーブルで接続する
      1. この際、リンクケーブルのPSION側の端子にACアダプタを接続し、外部給電を行う
      2. OrganiserIIの電源OFFの状態で接続すること

    5. OrganiserIIの「ON/CLEAR」キーを何度か押してメインメニュー下段(「↓」を押してスクロール)に「COMMS」が表示されていることを確認する
    6. 上記「COMMS」をEXEキーで起動し、サブメニューの「SETUP」を選択
    7. 表示されたパラメータの中から「↓」「↑」キーで「BAUD」を選び「→」「←」キーで9600に設定
    8. 同様に「PROTOCOL」をPSIONに設定
    9. 設定終了後、「MODE」キーを押し、「EXIT」で終了。「ON/CLEAR」キーを押してトップメニューに戻る
    10. ホストPC側でコマンドプロンプトをフルスクリーンで表示させ、開発キットを展開したフォルダに移り英語モードに切り替える

         例:CD C:\ORGDEV
           US

    11. 上記フォルダから以下のコマンドを入力する

        MAKE HAIKUPAD 9600 [port]
        (「port」はPCのシリアルポート番号:1 or 2)

    12. PC画面上の指示に従い、OrganiserIIの「COMMS」の「BOOT」オプションをEXEキーで選択し、「Name:」プロンプトが表示されたら何も入力せずEXEキー押下
    13. 上記の入力後、PC画面上に以下のメッセージが表示される

        Loading code...
        Place unsized pack in C:, then press a key on the PC

    14. 上記(1)でフォーマットした64KBのデータパックを、OrganiserII裏の下段のスロット(Cスロット)に挿入し、PCのエンターキーを押下
    15. PC画面上に以下のメッセージが表示される

        Sizing pack C: please wait
        Sending pack data block xxx

      OrganiserIIには以下のメッセージが表示される

        Making a pack in C:

      ここでエラーとなる場合、フォーマット時間が不十分である可能性が高いので、再度フォーマットを実施すること

    16. イメージデータの焼き込みが正常に終了するとPC画面上に以下のメッセージが表示される
      なお、転送するブロック数は310で、約30分を要する

        Pack successfully made. Do you want to make
        another pack (Y/N)?

    17. 作成するデータパックが一つで良い場合は「N」を押下し、データ焼き込みを終了する
    18. OrganiserIIの「ON/CLEAR」キーでトップメニューに戻り、「O」キーを押して電源をOFFにする
    19. リンクケーブルを取り外す
    20. 64KBのデータパックをOrganiserII裏面の上段のスロット(Bスロット)に移し、Cスロットには、RAMパックを挿入する
    21. OrganiserIIの電源を投入し、「COPY」コマンドを起動し、以下の入力を行う

        FROM B:HAIKU
        TO C:HAIKUPAD
        上記の「FROM」と「TO」はプロンプト

      また、アルファベットと「:」等の記号の入力切替は、「SHIFT」+「NUM[↓]」で行う

    22. OrganiserIIの「MODE」キーを押し、以下の入力を行う。

        INSERT ITEM(←プロンプト)
        HAIKUPAD(←入力)

  3. 注意

    1. 上記のPC上での操作は、必ずフルスクリーンの状態で実施のこと。ウィンドウ表示の場合、Windowsの割り込み処理の関係か、焼き込み途中でエラーとなることが多い。
    2. HAIKUPADで生成したデータは、「HAIKUPAD.ODB」という空のデータベースファイルが存在するパックに保存される。上記21.でのCOPY操作は、データ保存用RAMパックを指定するために必須である。
    3. 32KBのデータパック二本にインストールする場合には、イメージファイル「HK32-1.OPK」と「HK32-2.OPK」を、上記と同様の手順で二回に分けで焼き込む。この場合、データの保存は、OrganiserIIの内蔵RAMとなる。なお上記21.のCOPY操作は不要である。(内蔵RAMに自動的に生成される)